【戦力外通告】楽天は牧田ら6名へ戦力外通知

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

楽天が6名の選手に戦力外通告を行った。

投手は、加藤正志(27)、相原和友(26)、相沢普(29)の3名。内野手は伊藤亮大(27)1名、外野手は牧田明久(34)、北川倫太郎(23)、相沢普(29)3名の計6名。

加藤、相原の2投手は今シーズン一軍での登板はそれぞれ1試合、2試合となっており戦力となることはできなかった。また、相沢は今シーズン一軍登板0となっている。北川、伊東の2名には育成契約を打診しており育成契約として来シーズンも楽天と契約することが濃厚だ。

楽天創設時から所属するベテランの牧田も戦力外となった。第一次戦力外通告で8名の戦力外を出している楽天は今回の6名を足して合計14名の戦力外通告となった。ドラフトでの指名が10名ということから今回の戦力外通告が最後と見られる。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

パ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事