勝負は4年後!ドラフトを回避し進学の道を選んだ将来有望な選手達

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

高卒でプロ入りしすぐに一軍で活躍できる選手はごく僅かだ。ドラフト上位で指名されても一軍に出場出来ない選手も数多くいる。
そのため高卒でプロにいかず大学へ進学し4年後に勝負をかける選手たちも多い。今回はその4年後を見据え、大学へ進学する選手たちをご紹介しよう。

大西健斗(投手/北海/慶応大志望)

夏の甲子園をほぼ1人で投げぬき北海を準優勝に導いた大西はプロ志望届を提出せずに大学で野球を続ける。

甲子園で痛めた右ヒジへの不安もありこのままプロに行くより大学で4年間鍛え直してからでも遅くはないだろう。進路としては東京六大学の慶応大を志望しており順調に行けば神宮の舞台で躍動する大西の姿が見られるだろう。

鈴木昭汰(投手/常総学院/法政大志望)

常総学院の左腕エースである鈴木は夏の甲子園が終わり進学を表明した。高校ビッグ3を始めその他にも同じ左腕で堀瑞輝(広島新庄)など好投手が多く自分の未熟さを痛感したことでの進学となったようだ。

常総学院から六大学を経由した選手といえば、侍ジャパンコーチを勤めている仁志敏久が挙げられる。大先輩のように大学で一皮むけた後のプロ入りに期待したい。

こちらの記事に関連するタグ

4Yeardraft
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事