掲載日: 文章:Clipee運営局

勝負は4年後!ドラフトを回避し進学の道を選んだ将来有望な選手達

早川隆久(投手/木更津総合/早稲田大志望)

U-18侍ジャパンでも好投を見せた木更津総合の左腕早川も当初の予定通りプロではなく大学へ進学する。五島卓道監督(木更津総合)は早稲田大学のOBということもあり進学の重要性を早川に説いていたようだ。

五島監督は過去に暁星国際高校の監督も務めており、当時の教え子でった小笠原道大(中日二軍監督)も社会人からプロ入りしたこともあって説得力は高い。

早川も小笠原のように大学から社会人を経てプロ入りを目指すのかもしれない。

入江大生(内野手/作新学院/明治大志望)

甲子園で史上7人目となる3戦連続の本塁打を放った入江は大学進学希望だ。プロ志望届を提出しドラフト1位で西武に指名されたチームメイトの今井達也とは別の道を歩む。

今井が本格化する前はエースだったことでも知られ、二刀流としても期待がかかるが大学ではどちらかに絞ることになるだろう。甲子園でしのぎを削ったライバルたちと来年からは神宮でしのぎを削る。

キーワード

新着記事