【春選抜2016】藤嶋11奪三振&先発全員安打! 東邦が完勝で二回戦へ

  • 掲載日:
  • 文章:朝倉尚

第二試合は東海大会の王者、東邦(愛知)と東京大会の王者、関東第一(東京)の昨秋の王者対決となった。
注目は東邦の藤嶋。エースで四番で主将と文字通りチームの大黒柱。藤嶋が期待通りの活躍ができるか?
逆に関東第一はこの藤嶋を投打のどちらかだけでも崩していきたいところ。

先制点を生み出したのは注目の藤嶋のバット。一回裏、東邦のもう一人のキーマン、一番鈴木が中前打で出塁すると、バントなどで三塁まで送り、藤嶋が三遊間を破る左前適時打を放つ。

その後は、互いにチャンスを演出するも、好守でしのぎ合う展開に。

次に試合が動いたのは五回裏。一死三塁の好機を作り出すと、二番浜嶋の放った打球が風で流れ、セカンドとセンターの間にポトリと落ちるラッキーな適時打となる。続く三番松山がセンターオーバーの二塁打でさらに一点を追加する。

東邦は続く六回、六番小西が、この回からマウンドに立つ佐藤奨真の高めのボール球を振り抜くと、打球はレフトスタンド中段に刺さる完璧な当たりを放つ。これで4ー0。

4点を追う関東第一は、塁を埋めていきたいところだが、尻上がりに調子を上げる藤嶋の前にランナーを出すことができない。

八回にも2点を加えて6点差とした東邦は、九回も危なげなく締めて初戦を飾った。

match08
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

高校野球に関する記事

お勧め記事

新着記事