本日の第三試合の札幌第一と木更津総合はチームカラーの似た高校同士の対戦。札幌第一はエース上出、木更津総合は早川と武田の両左腕を中心にしたディフェンス面は安定しており、そこからリズムを作っていく。
 逆に言えばどちらも打線に破壊力を少し欠いており、進塁打を含めた打線のつながりや、機動力、小技でどれだけ相手の守備陣を揺さぶることが出来るかが勝負の分かれ目になりそうだ。

 札幌第一の先発、上出は182cmの長身を活かして真上から投げ下ろす本格派。130キロ後半の直球主体の組み立てで、2回表には満塁のピンチを背負うものの、相手先発の早川から三振を奪い、これをしのぐ。

 木更津総合の早川も序盤は四死球などでランナーを背負うが、セカンド小池の好守や、捕手大沢の強気のリードもあり無失点。

 予想通り1点を争う展開に。
 均衡が破れたのは4回表の木更津総合の攻撃。一死二、三塁から三番小池の打球は浅いレフトフライに。タッチアップには不十分かと思われたがレフト高階が判断を誤り、ダイビングキャッチ。捕球したものの捕球体勢が悪く、タッチアップを許す。貴重な先制点が木更津総合に入った。

 木更津総合は続く6回にも一死一、二塁とすると、ワンバウンド投球を捕手が取りこぼした隙を見逃さずランナーがそれぞれ進塁。二死となるが、九番早川がセンター前へクリーンヒットを放つ。これで2点を追加する。

 さらに7回にも2点を加えた木更津総合は早川が尻上がりに調子を上げ、後半は危なげないピッチングを披露。

 最終回に札幌第一は一番辻の2点三塁打で意地を見せたが、最後は代打の中村が三ゴロに打ち取られ、ゲームセットとなった。

match09
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

高校野球に関する記事

お勧め記事

新着記事