【秋季九州大会】二桁安打で秀岳館が鵬翔を下す!

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

10月25日、別大興産スタジアムで開催されている秋季九州大会の準々決勝の第二試合は、熊本代表の秀岳館と宮崎代表の鵬翔が対戦した。

秀岳館は川端、鵬翔は斎藤の先発で試合が開始した。
この試合先に仕掛けたのは鵬翔だった。
1回表、鵬翔は秀岳館先発の川端の立ち上がりを攻め巧みに攻め、1点を先制した。
秀岳館は1回裏、チャンスを活かせず無得点に終わったが、続く2回裏、6番幸地のソロホームランで同点に追い付いた。
さらに一気に畳み掛ける秀岳館は、一死二三塁とチャンスを広げると、竹輪・田浦の連続タイムリーで3点を追加してこの回4得点とした。
秀岳館はの勢いは止まらず、5回には7番山下の2ランホームランで2点を追加してリードを広め、そのまま押し切りで秀岳館が準決勝へと駒を進めた。

秀岳館は準決勝で、2試合連続完封の三浦投手擁する福岡大大濠と対戦する。

<試合結果>

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
鵬翔 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
秀岳館 0 4 0 0 2 0 0 0 × 6

こちらの記事に関連するタグ

nextfield
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事