【春選抜2016】大阪桐蔭、好発進!【高校野球】

  • 掲載日:
  • 文章:朝倉尚

大会四日目。第一試合には優勝候補の一角、大阪桐蔭(大阪)が登場。対するのは古豪、土佐(高知)。最速150キロ左腕の高山を擁し、投打に総合力の高い大阪桐蔭が優位なのは否めない。土佐はバッテリーが踏ん張り、大阪桐蔭打線を3点以内に抑えて勝機を見いだしたいところだ。

注目の高山の立ち上がり。3回までは多少コントロールにバラつきは見られたが、直球を主体に無失点と無難なスタートとなった。

土佐の先発はエースの尾崎。初回から直球、変化球ともに低めコントロールされ、大阪桐蔭に自分のバッティングをさせない。

好スタートをきった土佐バッテリーだったが、3回に大阪桐蔭打線に捕まる。二死二塁から二番中山に安打を許すと、続く三番吉沢には高めに浮いた変化球を捉えられ、先制点を許す。さらに四球で満塁として、五番古寺にも変化球が高めに浮いてしまった。これを古寺にレフトへ運ばれ、さらに2点。大阪桐蔭に3点を先制される。

先制点を奪った大阪桐蔭は4回、5回は得点を奪えなかったものの、盗塁などを試みて土佐の守備陣にプレッシャーをかける。それが実ったのが6回の攻撃。六番松山、七番栗林の連続安打で1点を追加すると、さらにこの回に1点。

その後は土佐の守備の乱れもあり、大阪桐蔭が7回、8回と2点ずつを加えて、勝負を決定づけた。

大阪桐蔭の高山は中盤から後半にはかけてはコントロールも安定し、8回を無失点。大阪桐蔭は9回には右の徳山を登板させ、次戦以降に備える余裕も見せた。

こちらの記事に関連するタグ

match10
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

高校野球に関する記事

お勧め記事

新着記事