【日本シリーズ】黒田緊急降板!異例の両チームから拍手。

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

10月25日に北海道の札幌ドームで開催されているSMBC日本シリーズ第三戦で先発した黒田博樹投手が6回2/3で緊急降板する事態がおきた。
試合はエルドレットの逆転ツーランで広島が1点リードしている中、6回大谷をレフトフライに打ち取ったあとにおきた。
黒田は異変を訴え、治療の為、一時ベンチに戻った後、マウンドに戻った。
しかし、投球練習を行ったが数球で断念し無念の降板となった。

現役引退を表明している黒田選手のピッチングはこれが最後になる可能性もあり、ここまで好投を続けた黒田投手に両サポーターから盛大な拍手が送られた。

広島は黒田投手の代わりにヘーゲンズがマウンドに上がり試合は再開した。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事