10月25日札幌ドームで開催さているSMBC日本シリーズ第三戦は劇的な幕切れとなった。

8回に中田翔の逆転タイムリーで、一度は勝利を掴みかけた日本ハムだが、粘る広島に9回同点に追いつかれてしまう。
延長に入り、延長10回裏に本日一番の出番は、もっとも注目される男「大谷翔平」に回ってきた。

大谷はこの日、ここまで2安打を放ち好調のまま、10回の打席。
二死二塁の状況で広島の投手は大世良大地。
カウント2ストライク1ボールからの4球目、大谷はライト前へ運び、二塁走者の西川が一気にホームイン。

白熱の第三戦に終止符をうったのは”ヒーロー”のバットだった。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

パ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事