巨人ドラフト2位・畠世周はクリーニング手術か!?

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

巨人からドラフト2位で指名された畠世周(近畿大)が来月にも手術をする可能性があることがわかった。

畠は右ヒジの遊離軟骨(通称ネズミ)による痛みがあり秋季リーグ序盤は戦列を離れていた。ドラフト前に実戦登板を果たしリーグ戦に復帰したがプロ入りを控えてクリーニング手術を検討している。
ネスミの手術は大きなものではなく11月上旬に手術を行えば来春2月からの春季キャンプには間に合う見通しとなっている。

畠は大卒ドラフト2位ということで開幕ローテーションから即戦力を期待されている。ヒジの不安はプロ入り前に取り除き万全な状態でキャンプ、そして開幕を迎えたい。
菅野智之、マイコラス、田口麗斗に次ぐ先発として畠にかかる期待は大きい。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事