第二試合は市和歌山(和歌山)と南陽工(山口)の対戦。市和歌山は大砲はいないが、つながる打線が持ち味。本格派右腕の赤羽の安定感も光る。対する南陽工は、エース重冨と藤本のバッテリーを中心とした守りから接戦に持ち込むのが勝ちパターンだ。

互いにエースが先発したこの試合。難しいとされる初回は両チームとも無難な立ち上がりを見せる。3回表に南陽工は一死三塁の先制点のチャンスを作るが、市和歌山の先発、赤羽が打者の内側を強気に攻めて内野ゴロ2つに打ち取り、このピンチをしのぐ。
赤羽は回を追うごとに調子を上げていく。直球を主体としてそこにスライダーとツーシームを交えてテンポの良い投球を披露。

対する南陽工の先発、重冨は4回一死まで出塁を許さない完璧なピッチングで市和歌山に隙を与えない。5回に2つの四球で初めてスコアリングポジションにランナーを背負うも、落ち着いて九番浜野を打ち取り、無失点。

この5回裏の市和歌山の攻撃が契機になったかのように、その後は互いに毎回得点圏へランナーを置く、緊迫した展開になる。しかし、両投手とも踏ん張り、得点できないというしのぎ合いが続く。

6回裏、市和歌山は、二死満塁から左の代打、大野を打席に送り、勝負に出る。外角の直球を振り抜き、センターへ鋭い打球を放つが、中飛となり無得点。

7回表には二死二塁から九番吉井がレフト前安打を放つ。ここで打球と同時にスタートを切っていた三塁ランナーはホームを狙うが、先ほどの回に代打からレフトに回っていた大野がホームへダイレクト返球。一塁側へ少し送球が逸れるがキャッチャー岡本もダイビングしてランナーにタッチ。ここでも点が入らない。

このまま延長かと思われた9回表、ついに南陽工がしのぎ合いの展開にピリオドを打った。連続死球で無死一、二塁とすると赤羽は動揺したか、次打者重冨のところで悪送球をしてしまい、二塁ランナーが一気にホームへ。ついに1点が南陽工に入る。さらにバントをサードの山崎が悪送球で満塁。悪い流れが続く。次打者の山崎を投ゴロホームゲッツーで二死までこぎ着け、一旦落ち着いたかに見えたが、二番笹部が真ん中に入ってきたスライダーをレフトポール直撃となる3ランホームラン。これで集中力が途切れたか、市和歌山はまたも内野の悪送球でランナーを許すと、バタバタとさらに2点を失い、一気に6-0となり万事休す。
緊迫した投手戦は最終回で一気に勝負がついてしまった。

match11
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

高校野球に関する記事

お勧め記事

新着記事