札幌ドームで開催されているSMBC日本シリーズ第四戦は広島が中盤まで1点リードする試合となった。
追いつきたい日本ハムは6回裏、4番中田翔が岡田が投げた88球目のボールを見事レフトスタンドへ運び同点とした。
昨日の意地のレフトタイムリーも本日のホームランも、やはり日ハムは中田翔が打つと一気に雰囲気が変わるようだ。

試合は1-1の同点で振り出しに戻った。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

パ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事