日本ハムの1勝2敗で迎えた日本シリーズ第4戦は日本ハムの先発は高梨裕稔、広島の先発はルーキーの岡田明丈で始まった。

日本ハムは毎回のように得点圏にランナーを進めるが後一本が出ず得点を奪えない。逆に広島は3回までノーヒットに抑えられていたが4回表に四球とエラーで1点を先制。広島は無安打ながら1点を先制する。

広島に初安打が生まれたのは5回表。四球のランナーを一塁において菊池涼介がレフト前へチーム初安打。丸佳浩も続き2死満塁のチャンスを作るしかし、4番に入った新井貴浩はセカンドフライで追加点は奪えず。

日本ハムは6回裏に中田翔が弾丸ライナーで同点ソロホームランを放ち1-1の同点に追いつく。

8回裏に日本ハムはランナーを1人置いてレアードがバックスクリーンへ勝ち越しの2ランホームランを放ち3-1と2点リードで試合は9回表へ突入。

9回のマウンドは宮西尚生。2アウトを取るが石原慶幸に四球を与え続く田中広輔にライト前ヒットを許す。菊池はレフト前へ弾き返し二死満塁。今日も広島は土壇場で底力を発揮する。しかし、最後は宮西が踏ん張り日本ハムは3-1で広島に勝利した。これで対戦成績は2勝2敗のタイとなった。

【試合結果】
日本ハム3-1広島

こちらの記事に関連するタグ

nihonseries
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事