【春選抜2016】創志学園、甲子園初勝利! 機動力で東海大甲府を翻弄!【高校野球】

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

肌寒さが戻った大会五日目。第一試合は東海大甲府(山梨)と創志学園(岡山)の対戦。
東海大甲府は、安定感がありゲームをつくれる松葉と、最速146キロの力のある直球をもつ本格派、菊地の二枚看板で全国制覇を狙う。対する創志学園も投手力なら負けていない。エース髙田は最速150キロのプロも注目する逸材。攻撃では盗塁やエンドランを絡めた機動力を持ち味としている。

先手を取ったのは東海大甲府。二回表、先頭の松岡がセンター前へポトリと落ちるヒットで出塁する。その後は2つの内野ゴロで二死となるがランナーを三塁まで進ませる。そして、七番亀田が135キロの直球をセンターへ弾き返し、先制に成功する。

追う創志学園は5回表、一死一、二塁からダブルスチールで二、三塁とすると、九番本田の打球は二ゴロ。東海大甲府のセカンド川上がホームに送球するも、打球が転がると同時にスタートを切っていた三塁ランナーが一歩速く、生還。同点となり、さらに一、三塁。続く一番北川への初球で一塁ランナーが盗塁で二、三塁となる。そして北川の打球は先ほどと同じようなセカンドゴロ。今度はホーム送球は諦め、一塁でアウトを取る。二死となるが、これで逆転に成功。続く二番の湯井がセンターへ抜けるタイムリーを放つ。さらに1点を追加し、この回だけで4点を奪う。創志学園の持ち味の機動力を存分に発揮した攻撃となった。

東海大甲府は6回からは菊地をマウンドへ。三者凡退に打ち取る。
続く7回表の創志学園の攻撃も三人で終わらせ、攻撃へのリズムを作る。

守備のリズムを攻撃にも反映させたい東海大甲府だが、創志学園の髙田の130キロ後半の直球と100キロ台の緩いカーブの緩急を活かした投球の前にホームが遠い。

8回表の創志学園は一死二塁から、四番高井がライトへの適時打を放ち、ダメ押しに成功。

創志学園は最後の東海大甲府の攻撃もしのぎ、創志学園が春夏通じて甲子園での初勝利を飾った。

match13
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

高校野球に関する記事

お勧め記事

新着記事