10月27日、別大興産スタジアムで開催されている秋季九州大会準決勝の第一試合は、福岡代表の東海大福岡と熊本代表の熊本工業が対戦した。

東海大福岡は安田、熊本工業は山口の両先発で試合は開始した。
試合は3回表、熊本工業が犠飛で先制するも、4回裏に東海大福岡は4番遠藤のタイムリーなどで2点を奪い逆転した。
その後は、両先発が粘りの投球で相手に点を譲らない展開となった。
東海大福岡は8回裏、無死から先頭の安田の安打でチャンスを作るも、熊本工業の山口の好投により点を奪えず無得点におわる。
9回表、粘る熊本工業を東海大福岡エース安田が踏ん張り無失点で切り抜けゲートセット。

東海大福岡は決勝に進み、本日第二試合の秀岳館と福岡大大濠の勝者と対戦する。

<試合結果>

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
東海大福岡 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2
熊本工業 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1

こちらの記事に関連するタグ

toukaidafukuoka
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事