10月27日、札幌ドームで開催されているSMBC日本シリーズ第5戦は9回に一時騒然の乱闘騒ぎが起きた。
9回裏まで広島、日ハム両者譲らず1-1の緊迫した雰囲気で迎えた9回裏の日ハムの攻撃に事件は起きた。
広島のマウンドには絶対的守護神の中崎が登板。
中崎は先頭打者の粘る陽岱鋼をレフトフライに打ち取るも、続く田中を四球で歩かせると続く市川は確実な犠打で二死二塁のチャンスを作った。
9番中島がボテボテのゴロを打ち、打ち取ったかも見えたが、きわどいプレーで一塁セーフで二死一三塁のチャンスに1番岡の登場。

気合の入る岡に対し、中崎が投じた初球が岡の腰近くに当たった。
これに対し岡が怒りを表し、両軍がベンチ前まで出てくる事態となり、球場は一時騒然とした。

こちらの記事に関連するタグ

nihonseries
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事