第2試合には昨秋の神宮大会の覇者、高松商が登場。高松商はタイプの異なる3投手を駆使して勝ちをたぐり寄せる。右の本格派の浦、サイドスローの多田、そしてクローザーの美濃は全身を使って最速143キロの直球を投げ込む。
対するはいなべ総合。昨秋の東海大会では4試合で50安打と打ちまくった。一発のある打者は少ないが、左打者が多く、コツコツと安打を積み重ねて得点する。一番宮崎の出塁機会が増えれば勝利が近づく。

1回から3回まで、高松商の先発浦に三者凡退に抑えられていたいなべ総合は4回表、先頭の宮崎が三塁線へのセーフティーバントを試みる。これが決まり、無死一塁。この試合初めてのランナーを出す。その後、進塁打と後続のヒットで、二死一、三塁となったところで、五番渡辺雄太への三球目は、低めへの直球がワンバウンドして高く跳ね上がるワイルドピッチに。その隙に三塁ランナーの宮崎が生還し、いなべ総合が先制点を得る。

この1点が呼び水となったか、試合が急速に動き出す。5回裏の高松商の攻撃、ワイルドピッチで失点の原因となった浦が打席に。初球の外角のスライダーをライト前へポトリと落ちるヒットで出塁すると、犠打と四球などで、二死一、二塁とるする。そして三番米麦がセンターの頭上を越える逆転の二点適時打を放つ。これで高松商が2ー1と逆転に成功。

さらに6回にも浦の適時打で1点を加えて、2点リードとした高松商だったが、7回表にいなべ総合の反撃にあう。先頭の四番藤井の打球はセカンドゴロとなるがこれがイレギュラーし、ライト前へ抜ける。続く渡辺雄太は倒れるものの、六番清水が一塁側へのセーフティーバント。これが成功して内野安打となり、一死一、二塁。ここで七番山内が低めのカーブにしっかりとタイミングを合わせ、振り抜くと、左中間を真っ二つに割る大きな三塁打となる。これで2者が生還し、いなべ総合が追いつき、さらに続くの八番奥村が一、二塁間を鋭く抜けていくタイムリーで一気に逆転に成功する。

さらにいなべ総合は8回表、先頭の守田がまたもセーフティーバント。これをピッチャー浦がファンブルし出塁を許す。次打者神田のところでいなべ総合はランエンドヒットを仕掛ける。神田はショートゴロに倒れるが、ランナーは進塁し得点圏に。続く四番藤井は前進守備のセンターの右を間を抜けていく鋭いライナーで、適時三塁打を放つ。さらに渡辺雄太が続き、藤井を迎え入れ6-3とリードを広げる。

粘りを見せたい高松商はその裏、先頭の植田響介が追い込まれながらも9球を粘り、四球を選ぶ。続く美濃も二塁打で続くと、六番の植田理久都の二ゴロの間に三塁ランナーが還り、6ー4。ここで高松商は七番大熊に代えて吉田を送り、勝負に出る。吉田はファーストストライクから積極的にスイング。迎えた6球目を引っぱると、打球は一、二塁間へ。セカンドの神田が好捕するが、三塁ランナーの美濃が還り1点差に詰め寄る。

9回裏1点差で負けているものの、追い上げている高松商の雰囲気は悪くない。一死から安西が死球で出塁し、二番竹内への2球目で果敢に安西がスタート。この盗塁が成功し、得点圏に同点のランナーを置く。すると竹内はショートへの鋭い当たり、ショート守田はダイビングしてキャッチを試みるが、惜しくもこぼしてしまう。そのボールがレフト側へ転々と転がる間に、二塁から安西が還り、土壇場で高松商が同点に追いつく。

そして今大会初の延長戦へ。高松商は10回表をいなべ総合の攻撃ミスもあり無失点でしのぐと、その裏、先頭の美濃がライトの頭上を越えるライナー性の三塁打を放ち、無死三塁とサヨナラの大チャンス。
外野フライも許されないこの場面。7回からリリーフのマウンドに立っていた渡辺啓五が、六番植田理久都へ投じた3球目のスライダーがワイルドピッチとなり、美濃がサヨナラのホームを踏み、高松商がサヨナラ勝ちを収めた。

match14
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

高校野球に関する記事

お勧め記事

新着記事