来年度も豊作!九州大会ベスト4のチームには好投手揃い

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

本年度のドラフト会議は、例年にない豊作の年と言われ、非常にレベルの高い高校生投手が多かった。
しかし来年度のドラフト会議の対象になり得る現2年生にも非常に高素材が揃っている。

昨日行わた秋季九州大会の準決勝に出場した東海大福岡、熊本工業、福岡大大濠、秀岳館の4校には非常に将来が楽しみな投手がいる。

東海大福岡:安田大将

toukaidaifukuokayasuda1
東海大福岡のエース安田大将(2年)は技巧派のサイドスローで、非常にコントロール・テンポが良く、守備のリズムが非常に良くなる好投手だ。
熊本工と戦った秋季九州大会の準決勝でも四球は1と非常に少なく、常に安定した試合を作れる。

熊本工業:山口翔

kumamotoyamaguti1
熊本工業のエース山口翔は非常にポテンシャルの高い投手だ。
コントロールには課題が残っているものの、右腕から繰り出される速球派140㌔台後半を計測する。
冬の間に走り込みをして制球力が向上すれば格段にレベルの高い投手となるだろう。

福岡大大濠:三浦銀二(

oohorimiura2
福岡大大濠の三浦は現在開催されている秋季九州大会では3試合で未だ無失点と安定感の非常にある投手だ。
制球力・変化球・スピードともにこの時期としては非常に高いレベルであり、終盤になっても140㌔を超えるスタミナも良い。
ピンチにも落ち着いた投球ができる逸材。

秀岳館:田浦文丸

syugakukantaura3
秀岳館の田浦は夏の甲子園を経験した、非常にタフな投手だ。
140㌔を超える速球に、右打者インコースに投げ込むマウンド度胸は非常に見る者を惹きつける投手だ。
オフのトレーニングでまだまだ能力が高まる期待がもてる。

秀岳館:川端健斗

syugakukankawabata1
秀岳館には田浦ともう一人、注目すべき投手の川端がいる。
川端は、140㌔を超える速球に切れ味の良い変化球もあるリリーフ型投手だ。
三振の取れるピッチャーであり、伸び代がある投手だ。

関連写真(画像をクリックすると拡大写真が表示されます。)

来年度も豊作!九州大会ベスト4のチームには好投手揃い
来年度も豊作!九州大会ベスト4のチームには好投手揃い
来年度も豊作!九州大会ベスト4のチームには好投手揃い
来年度も豊作!九州大会ベスト4のチームには好投手揃い
来年度も豊作!九州大会ベスト4のチームには好投手揃い
来年度も豊作!九州大会ベスト4のチームには好投手揃い
来年度も豊作!九州大会ベスト4のチームには好投手揃い
来年度も豊作!九州大会ベスト4のチームには好投手揃い
来年度も豊作!九州大会ベスト4のチームには好投手揃い
来年度も豊作!九州大会ベスト4のチームには好投手揃い
来年度も豊作!九州大会ベスト4のチームには好投手揃い

こちらの記事に関連するタグ

syugakukantaura3
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事