【春選抜2016】敦賀気比が連覇へ好発進! エース山崎が完璧なピッチング【高校野球】

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

大会6日目。第一試合には選抜連覇を目指す敦賀気比が登場。対する青森山田は昨秋の明治神宮大会の準決勝で敦賀気比に敗れており、リベンジを目論む。

敦賀気比のエース山崎は大会No.1右腕の呼び声も高い好投手だ。188センチの長身から投げ下ろすストレートは角度があり威力十分。林中、天野、橋本のクリーンアップも強力だ。

青森山田は強力打線が持ち味。長打も打てて走れる四番の三森はプロも注目する逸材。出塁率が高く、自らも本塁打で得点源になることもあるトップバッターの内山が打線の核だ。さらにどこからでも走れる機動力も持ち合わせている。

敦賀気比の先発はもちろんエースの山崎。注目の初回は2三振を含む三者凡退と無難な立ち上がり。

青森山田の先発はエースの堀岡。死球と自らの暴投もあり、三塁にランナーを背負うが、四番の天野を打ち取って事なきを得る。

先に試合を動かしたのは3回裏の敦賀気比。二死から一番植村がサードへの内野安打で出塁すると、続く本間は四球を選び、二死ながら一、二塁のチャンスを作る。三番でキャプテンの林中が、フルカウントからの7球目をライトへタイムリーヒット。堀岡の投じた球は外角低めギリギリの素晴らしいコースだったが、打った林中が一枚上手だった。敦賀気比が1点を先制する。

直後の4回表に青森山田も二死二塁でバッターは四番の三森というチャンスを作るが、三森は外角のストレートに三振に倒れる。

その後は山崎、堀岡の両投手が安定した投球を続け、互いに大きなチャンスを作れないまま試合は進む。

そして迎えた9回表の青森山田の最後の攻撃。二死から四番の三森が意地のヒットで出塁する。一発出れば逆転、長打なら同点という場面でバッターは五番金沢。ここでも山崎は動じない。外角へよく制球されたストレート、スライダーを投じて追い込むと、最後も外角コーナーギリギリへの角度のあるストレート。これに金沢のバットが空を切り、ゲームセットとなった。

match16
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

高校野球に関する記事

お勧め記事

新着記事