【春選抜2016】終盤の集中打で逆転! 智弁学園がベスト8一番乗【高校野球】

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

大会6日目の第二試合。ここから二回戦となる。
鹿児島実業は初戦の常総学院戦では先制されるも中盤に逆転し、小刻みに加点して勝ち上がった。丸山と谷村の2投手の継投がこの試合もあるか?
対する智弁学園は開幕戦で福井工大福井を完封した村上がこの試合でも同様の投球ができるか?

先制したのは鹿児島実業。1回表、先頭の中村が智弁学園の村上の決め球であるチェンジアップをセンター前に運ぶと、一死後に、初戦でホームランを放って勢いに乗る追立がレフトへのヒットでチャンスを広げる。四番の綿屋は見逃し三振に倒れるが、五番の板越が二遊間を抜けるセンター前ヒットを放ち、二塁ランナーの中村をホームへ迎え入れる。

智弁学園は二回表にもヒットと2つの四球で満塁のピンチを背負うが、村上が踏ん張りここは無失点で切り抜ける。

鹿児島実業の先発は背番号10、アンダースローの谷村。谷村は初戦はリリーフで登板している。
谷村は初戦と同様、アンダースロー特有の浮き上がる軌道の球を活かして、智弁学園をフライアウトに打ち取っていく。

智弁学園は四球でランナーを出すものの、谷村を捉えられない。
鹿児島実業も得点した初回と、2回以降は村上のチェンジアップを低めに集める投球の前にチャンスを演出できない。

谷村を捉えあぐねていた智弁学園だが、5回裏の扇田のセンターへのクリーンヒットを契機に徐々に谷村の球に対応した反応を見せ出す。

その智弁学園の攻撃が実ったのは7回裏。エラーで出塁した扇田を送り、二死二塁から二番岡沢の放った打球は深く守っていたレフトの前に落ちるタイムリーヒットとなり、智弁学園が同点に追いつく。岡沢は二塁を陥れ再び二死二塁。続く太田は二ゴロ。これで交代かと思われたが、セカンドの板越がファンブル。慌てて拾いなおし一塁へ送球するがこれが悪送球となり、セカンドランナーの岡沢が逆転のホームを踏む。さらに二死二塁が続く。そして四番の福元が真ん中付近に入ってきた直球をしっかり上から叩くと、レフトポール際に飛び込む2ランホームランとなり、智弁学園は一挙4点を入れる。

ビハインドから逆に3点のリードをもらった村上は、直後の8回表に一死二、三塁のピンチを招く。しかし四番綿屋を低めのボール球になるチェンジアップで三振に取り2アウト。先制のタイムリーを打たれた板越は四球で満塁とするも、続く井戸田貴也をサードライナーに打ち取り、このピンチを凌いだ。
井戸田貴也の打球はしっかりとバットの芯で捉えた素晴らしい当たりだったが惜しくもサード正面。鹿児島実業は最大のチャンスを惜しくも逃す。

この最大のピンチを凌いだ村上は9回表を危なげなく締めて、智弁学園がベスト8一番乗りを果たした。

match17
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

高校野球に関する記事

お勧め記事

新着記事