本日、ダイワハウススタジアム八王子で開催されている秋季東京大会の準々決勝は世間の注目を浴びる清宮幸太郎擁する早稲田実業と関東一の強豪校の対戦となった。
早稲田実業が中川、関東一が高橋の両先発で試合は始まった。

注目の試合は、初回から動いた。
1回表早稲田実業の攻撃で先頭の西田が四球で出塁し一死一塁のチャンスで清宮を迎えたが第一打席ははセカンドゴロに終わる。続く野村が四球で歩かされると、5番小西の二塁打で2点を先制した。
さらに早稲田実業は、着実な攻めで3・4・6回に1点づつを加え5-0と試合を優位に進めた。
9回表には、早稲田実業はさらに雪山のタイムリーなどで3点を奪い、8-1でリードを広げた。

対する関東一は7回に二死二塁のチャンスで宮田のタイムリーで1点を取り返し、8-1とリードされる9回裏、5番増田の安打から打線に一気に火がつき3点を返すも反撃はここまで。
早稲田実業が関東一を下し準決勝へ駒を進めた。

注目の清宮は本日はノーヒットに終わった。
早稲田実業は準決勝を国士舘と城西大城西の勝者と戦う。

<試合結果>

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
早稲田実業 2 0 1 1 0 1 0 0 3 8
関東一 0 0 0 0 0 0 1 0 3 4

こちらの記事に関連するタグ

kiyomiya54561
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事