【秋季関東大会】東海大市原望洋が前橋育英を下し決勝へ!

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

10月29日宇都宮清原球場で開催された秋季関東大会の準決勝第一試合は千葉代表の東海大市原望洋と群馬代表の前橋育英が対戦した。

東海大市原望洋は金久保、前橋育英は吉澤の両先発で試合は開始した。
試合は、1回裏、前橋育英の1番丸山が三塁打で出塁すると、2番飯塚のセカンドゴロの間に1点を先制する。
反撃に出たい東海大市原望洋は3回表、無死一二塁のチャンスを作ると4番金久保、8番塚越などの長打3本で5-1と試合を引っくり返した。
前橋育英は5回に一死二三塁で9番黒沢のタイムリー、6回には一死二三塁で5番皆川の犠飛で1点づつを返すも、最後まで金久保を打ち崩せなかった。

試合に勝利した東海大市原望洋は、明日決勝を健大高崎と作新学院の勝者と対戦する。

<試合結果>

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
東海大市原望洋 0 0 5 0 0 0 0 0 0 5
前橋育英 1 0 0 0 1 1 0 0 0 3

こちらの記事に関連するタグ

koukousamp8
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事