29日、来春の選抜高校野球大会の出場大会を決める秋季中国大会の1回戦第一試合、鳥取代表の鳥取城北と島根代表の立正大淞南が下関球場(山口)で対戦した。

鳥取城北が福本、立正大淞南が松山の両先発で開始した。

試合が動いたのは2回裏、立正大淞南がまずは1点を奪い先制する。
以降5回まで両者得点を奪えなかったが6回表、鳥取城北に満塁のチャンスが訪れ、黒田の適時打で同点に追いつく。追加点を奪いたい鳥取城北だが、松山が追加点を許さず1点に抑えられる。

7回表には2死1塁から瀬戸が左中間適時三塁打を放ち、2-1と逆転する。しかし、7回裏には1死1、3塁から太田のスクイズが成功し、がすぐさま1点を返される。続く松浦が死球で出塁し2死満塁、鳥取城北に最大のピンチが訪れる。鳥取城北はここでエース黒木が登板。ピンチからの登板だったが、落ち着いたピッチングで追加点を与えず。

8回表には2死1、3塁から黒木が三遊間を抜ける適時打で再び3-2と再びリードする。しかし、8回裏に藤原が1点を返し、再び追いつくシーソーゲーム。

そして9回表、鳥取城北は1死1、2塁から山本が左前適時打を放ち、勝ち越し2点を追加する。
7回以降追う立場が続く立正大淞南、打線が粘りを見せるも黒木がしっかり抑え、5-3で鳥取城北が勝利した。

<試合結果>

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
鳥取城北(鳥取) 0 0 0 0 0 1 1 1 2 5
立正大淞南(島根) 0 1 0 0 0 0 1 1 0 3

こちらの記事に関連するタグ

高校野球サンプルイメージ03
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事