第三試合は、釜石対滋賀学園のゲーム。
釜石は小豆島との21世紀枠対決となった一回戦、エースの岩間が打たせて取るピッチングで好投し、2ー1という接戦を制した。今日も3失点以内に抑えて接戦に持ち込みたい。
滋賀学園は打線が好調。初戦の桐生第一戦では11安打で9得点と効率のよい攻撃を見せた。先発の神村も終盤に桐生第一の追い上げにあったが、10奪三振を奪う力投を見せた。

初回から好調の滋賀学園打線が釜石の先発、岩間に襲いかかる。1回表。先頭の徳留がショート石崎の悪送球で出塁すると、二番井川がしっかりと送り、一死一塁。三番後藤がライトへのヒットで一、三塁とする。続く四番馬越の打席で一塁ランナー後藤がスチールで二、三塁。バットをクルクルと回す構えが特徴の四番馬越が高めに浮いたチェンジアップを捉えて徳留を迎え入れ、滋賀学園が先制点を手にする。さらに一、三塁となって、五番松岡がキッチリとセンターへの犠牲フライを放ち、2点目を入れる。

滋賀学園は2回にも1点を入れ3ー0試合を優位に運ぶ。4回にはヒットと釜石の守備のミスもあり一死二、三塁とすると、三番後藤が内角の厳しい球を鋭いスイングで打ち返し、レフトオーバーの2点適時打を放つ。四番馬越もレフトオーバーの2塁打でさらに1点を加える。

反撃に転じたい釜石は5回裏、釜石は一死から五番新沼がチーム初安打となる二塁打を右中間へ放つ。続く岩間はしっかりと右打ち。一ゴロに倒れるが進塁打となりランナーを三塁へ進める。七番佐々木尚人は四球を選び、二死一、三塁。そして八番大尻が三遊間を抜けていくクリーンヒットを放ち、釜石が1点を返す。
しかし滋賀学園の神村は後続をしっかりと打ち取り、これ以上点差を縮めさせない。

さらに滋賀学園は8回に三番後藤のタイムリーと、四番馬越が高めに抜けた棒球をレフトスタンドに運ぶホームランで9ー1とする。後藤はこの試合5打数5安打。

そして試合は9回裏。二死から滋賀学園は先発の神村から2番手の棚原をマウンドへ。棚原は六番岩間を3球で打ち取って滋賀学園が盤石の試合運びでベスト8に駒を進めた。

match18
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

高校野球に関する記事

お勧め記事

新着記事