10月29日和歌山県の紀三井寺球場で開催されている秋季近畿大会一回戦で京都代表の東山と兵庫代表の報徳学園が対戦した。

東山は金和、報徳学園は西垣の両先発で開始された試合は、1回表、東山の1番田中の先頭打者本塁打で幕開けとなった。
1点を追う、報徳学園は1回裏、3番片岡、4番篠原、5番神頭の連続タイムリーで3点を奪い逆転した。

逆転を許した東山は3回表、2番宮口のスクイズで1点を返すと、報徳の守備が乱れ一挙4得点を奪い、5-3と逆転に成功した。
流れを変えたい報徳学園は、3回裏一死から3番片岡が四球で出塁すると、4番篠原のタイムリー三塁打で1点差に詰め寄ったが5回に東山の高倉の犠飛と大杉のタイムリーで7-4とリードを広げられた。

報徳学園は7回無死二三塁のチャンスを作ると3番片岡がライトへの3ランホームランを放ち同点に。
さらにこの回一死一二塁で8番金子のタイムリーが飛び出し2点を追加してこの回5得点、9-7と試合をひっくり返した。

点取り合戦となったこの試合は、9-7のまま報徳学園が逃げ切り勝利した。

報徳学園は準々決勝で滋賀学園と対戦する。

<試合結果>

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
東山 1 0 4 0 2 0 0 0 0 7
報徳学園 3 0 1 0 0 0 5 0 × 9

こちらの記事に関連するタグ

nextfield
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事