大会も7日目に突入。第一試合は八戸学院光星と龍谷大平安の対戦。初戦は互いに持ち前の高い打撃力を発揮した。この打撃力が高い両チームだけに、それぞれの先発投手がどれだけ粘れるかが勝負の分かれ目になりそうだ。

試合は初回から動いた。1回裏の龍谷大平安の攻撃。八戸学院光星の先発は甲子園初登板となる背番号10の和田だ。その和田から二番久保田がピッチャー返しのセンターへ抜けるヒットで出塁すると、続く西川への3球目とときにランナーの久保田がディレートスチールを決め、得点圏に進む。西川は3ー2からの6球目、外角へのスライダーで体勢を崩されながらも、バットの先で上手く拾ってレフトへちょこんと落とし、先制のタイムリーヒットを放つ。

初回からゲームに動きがあったため、この後も活発な展開になるかと思われたが、ここからはしのぎ合いの我慢合戦。互いにランナーを出すが、次の1点が遠い。

大きく勝負を分ける次の1点を手にしたのは龍谷大平安。6回裏、先制のホームを踏んだ久保田がまたも二塁打でチャンスメーク。三番西川がきっちりと送りバントを決め、一死三塁とする。ここで八戸学院光星は先発の和田からエース櫻井にスイッチ。外野フライも許されない厳しい場面だ。迎えるは四番の橋本。エースと四番の注目の勝負は櫻井が2球で追い込む。追い込まれた橋本は3球目をファウルで粘り、4球目。高めに浮いたスライダーを見逃さず、しっかりとライトへ犠牲フライを打ち上げる。これで龍谷大平安がリードを2点へ広げる。

2点のリードを許した八戸学院光星は7回、8回とランナーを出塁させるも、龍谷大平安の市岡からあと1本が出ない。チャンスの場面も守備陣の好守にも阻まれてしまった。

9回はここまで毎回ランナーを許していた市岡が三者凡退に打ち取り、接戦を制した龍谷大平安がベスト8へ駒を進めた。

match19
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

高校野球に関する記事

お勧め記事

新着記事