10月29日、大分の別大興産スタジアムで開催された秋季九州大会決勝は福岡代表の東海大福岡と福岡大大濠の福岡勢同士の対決となった。

東海大福岡は安田、福岡大大濠は三浦と注目投手の投げ合いで試合は開始した。
まず先手を取ったのは福岡大大濠だった。
福岡大大濠は2回裏一死二三塁のチャンスで7番斎藤が左中間へのタイムリー二塁打を放ち2点を先制した。
さらに5回には連打で1点を奪い3-0とリードを広げた。

対する東海大福岡は今大会3試合連続完封の福岡大大濠エースの三浦を捉えることができず、6回まで無失点で終える。
しかし今大会、逆転劇で勝ち上がってきた東海大福岡は7回、一気に福岡大大濠の三浦を攻め、3点を奪い試合を振り出しに戻した!

福岡大大濠の三浦は今大会33イニング無失点だったが初めて失点をするも、後続をきっち締め、東海大福岡の安田も6・7・8回と三者凡退に抑え、3-3のまま9回の攻防へ。

9回表東海大福岡はチャンスは作るも福岡大大濠の三浦の粘りの投球の前に無失点に終わる。
福岡大大濠は先頭の5番稲田が安打で出塁すると犠打で一死二塁とサヨナラのチャンスを作ると、最後はエース三浦のセンター前タイムリー。福岡大大濠がサヨナラ勝ちで優勝を決めた!

<試合結果>

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
東海大福岡 0 0 0 0 0 0 3 0 0 3
福岡大大濠 0 2 0 0 1 0 0 0 4

こちらの記事に関連するタグ

fukuokadaoohori5
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事