【春選抜2016】早川2試合連続完投! 木更津総合が秋のリベンジを果たす!【高校野球】

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

安定感があり完成度の高い木更津総合の早川と、MAX150キロで潜在能力の高い大阪桐蔭の高山という、今大会を代表する両左腕の投げ合いに注目が集まる第三試合。

昨秋の神宮大会でもこの両チームは対戦しており、お互いの特徴や手の内は分かっている。
打線の迫力としては大阪桐蔭が上。早川が破壊力のある大阪桐蔭打線をどう抑えるのか、また、木更津総合打線が初戦で被安打2と好調の高山から得点を奪えるかが見どころとなる。

早速初回に大阪桐蔭の強力打線がその片鱗を見せる。一番永広、二番中山と大きな外野フライ。二死となるも、三番吉沢へは全球スライダー攻め。しかし4球目のスライダーがが高めに浮いてしまう。吉沢はこれ見逃さずフルスイング。すると打球はグングン伸びてレフトスタンドへ飛び込む先制のホームランとなる。このまま畳み掛ける展開になるかとも思われたが、早川は冷静さを失わず、次の三井を打ち取り、最少失点でしのぐ。

2回はお互い無得点で、迎えた3回表の木更津総合の攻撃がこの試合のハイライト。先頭の早川がライトへのヒットで出塁するとバントと四球で一死一、二塁。二番木戸が低めの厳しいスライダーを掬うようなバッティングでライト前に運び、満塁のチャンス作る。三番キャプテンの小池がレフトへの2点適時打ですぐさま逆転に成功する。続く四番鳥海の打球はライト前へ。これで二塁ランナーが還り、さらに1点追加。さらに五番の山下も続き、レフトへ4点目となるタイムリーを放つ。さらに5点目を狙ってスクイズを仕掛けるが、ここは高山の球威に押され、ピッチャーへの小フライでゲッツーとなる。
木更津総合はクリーンナップがキッチリと役割を果たす。

初回にホームランで1点を失ったものの早川は常に冷静沈着。表情ひとつ変えずに淡々と投げていく。高山も3回以降は立ち直り、試合は落ち着いていく。

0行進がつづく展開で最初に動いたのは大阪桐蔭。8回からはこまめに継投に出る。8回は右の河島、9回は左腕の井上と投手を代え、リズムを呼び込もうとする。河島、井上はしっかりと役割を果たすが、木更津総合の早川の前に打線は最後まで沈黙。

9回も三者凡退で切って取り、木更津総合が神宮大会のリベンジをはたした。
また、ここまで近畿勢がベスト8を占めていたが、関東勢が一矢を報いた形となった。

match21
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

高校野球に関する記事

お勧め記事

新着記事