71年ぶりにリグレー・フィールドへワールドシリーズが帰ってきた。1勝1敗で迎えたワールドシリーズ第3戦は見ごたえのある継投合戦となった。

0-0のまま試合は進むが5回表にインディアンスが1死満塁のチャンスを作ると無失点投球を続けていたヘンドリクスをグリムにスイッチ。グリムが起用に応え併殺に打ち取り0-0から試合は動かず。

5回裏に今度はカブスが2死2塁のチャンスを作るとインディアンスが先発のトムリンをミラーにスイッチ。ミラーはしっかりと抑え0-0で試合は進む。

均衡を破ったのは7回表のインディアンス。1死1、3塁から代打クリスプがライト前へポテンヒットを放ち1-0と試合が動く。1-0とインディアンスがリードしたまま試合は9回裏カブス最後の攻撃を迎える。マウンドには8回2死から登板している守護神アレン。先頭打者にヒットを許しその後も2死2、3塁とピンチを招くが後続を断ち1-0でインディアンスが逃げ切った。

対戦成績はインディアンスの2勝1敗。

【試合結果】
カブス0-1インディアンス

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アメリカン・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事