3勝2敗の日本ハム優勝王手で向かえた日本シリーズ第6戦(マツダスタジアム)、日本ハムが岡の内野安打で先制した。

1回表、先頭の西川がセンターへ3塁打を放ち、中島はバットを振ることなくファボールを選び1、3塁。
無死1、3塁と初回からピンチの広島、3番岡がタイムリー内野安打で1点を先制した。

1、2塁で続く日本ハムの攻撃、5番中田は変化球を打つもダブルプレー、6番近藤もピッチャーゴロで3アウトチェンジ、1回裏広島の攻撃に替わった。

こちらの記事に関連するタグ

nihonseries
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

パ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事