兵庫県・ほっともっとフィールド神戸で行われた「わかさ生活PRESENTS 第6回女子野球ジャパンカップ」大会2日目1回戦第2試合 京都フローラvs平成国際大学は3-0で京都フローラが勝利した。

1回戦第2試合は6年連続6度目の出場となった京都フローラと2年ぶり5回目の出場となった平成国際大学の対戦。

4回裏、京都フローラは4番池山の中前安打をきっかけに1死1,3塁のチャンスを作ると7番金山がスクイズを成功させ1点を先制。

平成国際大学は5回から大倉に代えて笹沼を投入。笹沼は最速125km/hの速球を見せるも、2死1塁から4番池山の右線適時三塁打と、5番中村の右前適時打で2点を追加。
京都フローラ先発・植村はテンポの良い投球で6回を被安打4、無失点に抑えると最終回は塩谷が三者凡退に抑え試合終了。

京都フローラが1回戦突破を決めた。平成国際大学は先発大倉が4回1失点と粘投を見せるも打線が援護できず、悔しい敗退となった。

試合後インタビュー

【京都フローラ 新原千恵監督】

勝ててホッとしています。平成国際大学のバッテリーが良く、苦戦しましたが選手たちが最後まで集中力を切らさず、何とか勝ち切ることが出来ました。次の試合もフローラらしく1点ずつ取って勝てるようにしたいです。

【京都フローラ #19 植村美奈子】

<6回を4安打無失点にまとめ勝利投手>
平成国際大学さんは積極的に攻撃を仕掛けてくるチームだったので、1球も気が抜けませんでした。緊迫した試合でしたが、野手の援護のおかげで勝利につなげることができました。

試合結果

2016年10月29日(土)
わかさ生活PRESENTS 第6回女子野球ジャパンカップ 大会2日目
1回戦第2試合 京都フローラvs平成国際大学

チーム名 1 2 3 4 5 6 R
平成国際大学 0 0 0 0 0 0 0
京都フローラ 0 0 0 1 2 × 3

(平)大倉(4回)、笹沼(2回)-船越
(京)植村(6回)、塩谷(1回)-中村
【勝利投手】植村美奈子(1試合1勝0敗0セーブ)
【セーブ】塩谷千晶(1試合0勝0敗1セーブ)
【敗戦投手】大倉史帆里(1試合0勝1敗0セーブ)

関連写真(画像をクリックすると拡大写真が表示されます。)

京都フローラ、上村の好投で平成国際大学を下す / 女子野球ジャパンカップ
京都フローラ、上村の好投で平成国際大学を下す / 女子野球ジャパンカップ
【第1試合】4回裏、先制のスクイズを決めた京都フローラ・金山亜莉紗選手
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事