3勝2敗の日本ハム優勝王手で向かえた日本シリーズ第6戦(マツダスタジアム)、先制を許した広島が2回裏に逆転した。

1回、広島は先発の野村が立ち上がりから日本ハム打線に崩され、岡のタイムリー内野安打で1点を先制される。

2回裏、広島は先頭打者の松山がヒットを放ち1塁、鈴木がレフトへのツーベースヒットを放ち2、3塁と得点のチャンス。続く小窪は三振を取られるも、石原への3球目が暴投となり、松山が生還して同点。
1死3塁から石原が三塁方向へ放つと、レアードが失策しさらに1点を加え1-2と逆転した。

その後、野村が見送りバントを成功し、2死二塁から田中が高めのストレートを打つもレフトフライで3アウトチェンジ。

こちらの記事に関連するタグ

nihonseries
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事