初出場の神戸弘陵、尚美大学を下す!プロ内定・龍田6回に登板 / ジャパンカップ

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

兵庫県・ほっともっとフィールド神戸で行われた「わかさ生活PRESENTS 第6回女子野球ジャパンカップ」大会2日目準々決勝第1試合 神戸弘陵高校vs尚美学園大学は4-0で神戸弘陵高校が勝利した。

1回戦第4試合は創部3年目にして初めて全国高等学校女子硬式野球選手権大会を制し、初のジャパンカップ出場を決めた神戸弘陵高校と、ジャパンカップ5年連続5回目の出場となる常連校・尚美学園大学の対決。今大会初めて、アマチュアチーム同士の対戦となった。

1回裏、尚美学園大学が2死2,3塁のチャンスを作る。しかし、ここで神戸弘陵高校先発・谷川が落ち着いたマウンド捌きを見せ、無失点で切り抜ける。

すると試合の流れは神戸弘陵高校へ。ピンチを切り抜けた2回表、1死3塁から6番梅谷の二ゴロの間に1点を先制。4回表には2死1塁から5番一尾がチーム初ヒットとなる右中間適時二塁打を放ち1点を追加し、2-0。尚美学園大学・田中露朝相手に試合を優位に進める。さらに7回には、1死2,3塁から6番梅谷のスクイズなどで2点を追加。

投手陣は先発谷川が低めに集める投球で5回まで被安打3、無失点の好投を見せると、6回からは来春からの女子プロ野球リーグ内定が決まっている龍田が登場。力強いピッチングで尚美学園大学の反撃を退け、神戸弘陵高校が4-0で準決勝進出を決めた。
神戸弘陵高校は2安打ながら4得点と少ないチャンスをモノにしての勝利。一方の尚美学園大学は最後まで神戸弘陵高校投手陣を捉えきれず無念の敗退となった。

試合後インタビュー

【神戸弘陵高校 石原康司監督】

ジャパンカップ初出場で初勝利を飾ることができ、少し信じられない気持ちです。厳しい試合になるとは予想していましたが、谷川投手、龍田投手が無失点に抑えてくれましたし、ノーヒットで先制できたことで勇気を与えてもらいました。尚美学園大学は大学ナンバーワンだと思っているので、何とか勝ててよかったです。次の試合も神戸弘陵高校女子硬式野球部らしく、元気に楽しんでやりたいと思います。

【神戸弘陵高校 #10 谷川愛】

<先発し5回を被安打3、無失点に抑え勝利投手に輝いた>
最初は緊張していましたが、両親も見に来ている中良いピッチングが見せられてよかったです。夏の大会では龍田投手に任せっきりになってしまっていたので自分もしっかり頑張ろうと思い初回から思い切っていきました。次の試合も厳しい試合になると思いますが、自分のベストピッチングができるように頑張りたいです。

【尚美学園大学 新谷博監督】

負けてしまいとても残念です。神戸弘陵高校さんがとても強かったですし、僕自身が選手たちの力を出させてあげられなかったことを悔いています。今日の負けを真摯に受け止めて、マイナスがプラスになるようにまた1から頑張ります。

試合結果

2016年10月29日(土)
わかさ生活PRESENTS 第6回女子野球ジャパンカップ 大会2日目
1回戦第3試合 埼玉アストライアvsアサヒトラスト

チーム名 1 2 3 4 5 6 R
神戸弘陵高校 0 1 0 1 0 0 4
尚美学園大学 0 0 0 0 0 0 0

(神)谷川(5回)、龍田(2回)-池内
(尚)田中(6回)、長尾(1回)-佐藤
【勝利投手】谷川(1試合1勝0敗0セーブ)
【セーブ】龍田(1試合0勝0敗1セーブ)
【敗戦投手】田中(1試合0勝1敗0セーブ)

ハイライト動画

https://www.youtube.com/watch?v=n8mCFfZC

関連写真(画像をクリックすると拡大写真が表示されます。)

初出場の神戸弘陵、尚美大学を下す!プロ内定・龍田6回に登板 / ジャパンカップ
初出場の神戸弘陵、尚美大学を下す!プロ内定・龍田6回に登板 / ジャパンカップ

こちらの記事に関連するタグ

JC_神戸弘陵01
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

女子野球に関する記事

お勧め記事

新着記事