3勝2敗の日本ハム優勝王手で向かえた日本シリーズ第6戦(マツダスタジアム)、3回表に田中の同点弾、西川のタイムリスリーベースで2点を追加し逆転した。

1回に日本ハムが先制するが、2回裏に増井の暴投、レナードの失策とミスが重なり広島に2点を奪われ逆転を許した。

4回、日本ハムは先頭打者の近藤がセンターへ放ち1塁、レアードは田中(広輔)のファンブルにより出塁。0死1、2塁から田中(賢介)がライトへタイムリースリーベースを放ち同点に追いつく。

なおも無死1、3塁のチャンスが続く日本ハムは大野が3ゴロ。1死1、3塁から増井に代わって矢野がボックスに立つも、空振り三振。
2死1、3塁から西川がタイムリースリーベースを放ち、2点を加え日本ハムが勝ち越し。
続く中島は内角のカットボールを見送り4球で1、3塁と再びチャンスが生まれるが、岡はセカンドフライに倒れ3アウトチェンジ。

こちらの記事に関連するタグ

nihonseries
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

パ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事