10月29日和歌山県営紀三井寺野球場で開催される秋季近畿大会の第三試合は大阪桐蔭と智弁学園と注目度の高い試合となった。

大阪桐蔭は徳山、智弁学園は松本の両先発で試合は開始した。
注目の試合は初回から大きく動いた。1回表大阪桐蔭は二死一二塁のチャンスに5番の中川がライトフェンス直撃のタイムリーを放ち2点を先制した。さらに6番坂ノ下のタイムリーで1点を追加し3-0とした。
大阪桐蔭はさらに2回に4番根尾のタイムリー、6回相手エラーで1点、7回に再び根尾のソロ本塁打などで追加点を奪った。

反撃にでたい智弁学園は、5回裏、二死一二塁から1番福元の左中間を破るタイムリーで1点を返した。
さらに、7回裏には一死満塁のチャンスに2番加堂が痛烈なあたりを放つも、大阪桐蔭の根尾の好守に阻まれ大量点を奪うことはできず2点を追加した。
9回裏には1番福元のソロ本塁打でさらに1点を返すも反撃はここまで。
6-4で大阪桐蔭が勝利した。

勝利した大阪桐蔭は通常であれば選抜出場に当確がでるのだが、今大会は大阪勢3校が全て勝ち残っており油断できない状況だ。
選抜大会は規定で同一県から3校の出場は認められていない為、大阪勢3校が残る今大会はベスト4進出でもお確定されない状況なのだ。

大阪桐蔭は準決勝で神戸国際大附と上宮太子の勝者と対戦する。

<試合結果>

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
大阪桐蔭 3 1 0 0 0 1 1 0 0 6
智弁学園 0 0 0 0 1 0 2 0 1 4

こちらの記事に関連するタグ

koukousamp6
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事