社会人野球日本選手権が京セラドームで始まった。先日のドラフトで指名された選手たちも最後の舞台として躍動している。

初日は都市対抗野球を制したトヨタ自動車が登場。先日のドラフトで西武から3位で指名された源田壮亮もショートで出場している。トヨタ自動車先発の佐竹功年は6回まで無失点投球。

しかし、打線もNTT東日本先発の沼田優雅を崩せず5回まで無失点。試合が動いたのは6回裏。源田がセンター前ヒットで出塁すると次打者のバントをキャッチャーが悪送球。その間に源田がホームまで返りトヨタ自動車が1点先制。その後も犠牲フライなどで2点を追加し3-0とリードを広げる。

先発佐竹は8回1失点と好投し3-1でトヨタ自動車がNTT東日本を下した。
大会2日目は東芝、日本生命が登場し巨人にドラフト3位で指名された谷岡竜平(東芝)、オリックスにドラフト5位で指名された小林慶祐(日本生命)の投球が見られるかもしれない。

【試合結果】
<1回戦>
新日鉄住金東海REX 3-4 三菱重工広島
JR北海道 0-1 日本通運
NTT東日本 1-3 トヨタ自動車

京セラドーム
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アマチュアに関する記事

お勧め記事

新着記事