日本ハムが3勝2敗で王手をかけて迎えた日本シリーズ第6戦は広島が野村祐輔、日本ハムが増井浩俊の先発で始まった。

初回、日本ハムは先頭の西川遥輝がスリーベースヒットで出塁し中島卓也が四球を選んだ後に岡大海がタイムリーヒットを放ち1-0と先制。

広島は2回裏に無死2、3塁のチャンスからワイルドピッチとエラーで2点を奪い2-1と逆転に成功。

4回表に日本ハムは西川のこの日2本目となるスリーベースヒットなどで3点を奪い4-2と再びリードを奪う。

広島は5回に丸のホームラン、6回には代打下水流のタイムリー内野安打で1点ずつ加点し4-4と同点にし試合は終盤戦へ。

8回表2死から日本ハムは3連打で満塁のチャンスを作る。バッターは中田翔。ここで、次打者バースということもありネクストバッターズサークルには大谷翔平。大谷の威圧感に押されたのか中田に押し出し四球で5-4。栗山英樹監督はバースに代打大谷を起用せずそのまま打席に向かわせる。結果的にこれが功を奏しバースはタイムリーヒット。そして続くレアードがグランドスラム。10-4と試合を決めた。

最終回は谷元が締め10-4で日本ハムが勝利した。

【試合結果】
広島4-10日本ハム

こちらの記事に関連するタグ

nihonseries
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

パ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事