10月30日和歌山県営紀三井寺野球場で開催されている秋季近畿大会の準々決勝の第一試合は兵庫代表の神戸国際大附と大阪代表の上宮太子が対戦した。

神戸国際大附は黒田、上宮太子は森田の両先発で試合は開始された。
この試合先制は上宮太子だった。1回表二死満塁のチャンスを作ると、6番難波が内野安打で2点を先制した。
反撃に出たい神戸国際大附は3回裏、4番猪田の右越え2ラン本塁打で同点に追いついた。

6回表に上宮太子は相手のバッテリーエラーで勝ち越しに成功するも、その裏に大量失点を許してしまう。
6回裏の神戸国際大附の攻撃は、無死一二塁から5番北山のタイムリーで2点を奪い逆転に成功。
さらに、一死満塁とチャンスを広げ、セーフティスクイズ、1番森田のタイムリーでさらに3点を追加。その後も安打と連続押し出しなどでこの回9点を奪い、11−3と試合をひっくり返しコールドで上宮太子を下した。

神戸国際大附は準決勝へ進出し、上宮太子が敗れたことで選抜出場が濃厚となった大阪桐蔭と対戦する。

<試合結果>

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
上宮太子 2 0 0 0 0 1 0 × ×
0 0 0 0 × × × 11

こちらの記事に関連するタグ

koukousamp6
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事