10月30日明治神宮第二球場で開催されている秋季東京大会の準決勝の第一試合は立ち見客も出るほどの注目の中、清宮幸太郎擁する早稲田実業と国士舘が対戦した。

早稲田実業が中川、国士舘が深澤の両先発で開始されたこの試合は序盤で大きく試合が動いた。
先制したのは早稲田実業だった。
2回裏一死二三塁のチャンスを作ると8番中川のタイムリーで2点を先制すると、続く3回裏には、清宮の安打などで上位打線でチャンスを作ると、7番橘内、8番中川、2番横山などの連続タイムリーでさらに5点を追加し7-0と大きくリードした。
早実は4回には4番野村の高校通算20号ソロ本塁打に、この日爆発している橘内のタイムリーで2点を奪った。

国士舘はチャンスは作るものの、早稲田実業の中川の好投で得点を奪えなかった。

試合は、7回コールドで早稲田実業が勝利し、明日の決勝へと駒を進めた。
決勝は日大三と都立日野との勝者と対戦する。

<試合結果>

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
国士舘 0 0 0 0 0 0 0 × × 0
早稲田実業 0 2 5 2 0 0 × × × 9

こちらの記事に関連するタグ

kiyomiya0002
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事