10月30日宇都宮清原球場で開催されている、秋季関東大会の決勝は千葉の東海大市原望洋対夏の甲子園覇者の作新学院が対戦した。

東海大市原望洋は金久保、作新学院は大関の両先発で試合は開始された。
試合は序盤両チームチャンスを作るも両エースが踏ん張り無得点で回が進み、試合が動いたのは4回だった。
4回表作新学院は一死一二塁のチャンスで2番添田・3番中島の連続タイムリーで3点を先制した。
追いつきたい東海大市原望洋は、5回裏、7番樋口がレフトへのソロ本塁打を放ち1点を取り返し3-1とした。
作新学院は7回に2点を追加し5-1とリードを広げ、8年ぶり5度目の優勝を果たした

優勝した作新学院は関東代表として、11月に開催される明治神宮大会に出場する。

<試合結果>

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
作新学院 0 0 0 3 0 0 2 0 0 5
東海大市原望洋 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1

こちらの記事に関連するタグ

koukousamp6
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事