インディアンスの2勝1敗で迎えたワールドシリーズ第4戦。インディアンスはクルーバー、カブスはラッキーの両先発で始まった。

先制点はカブスに入った。1回裏1死2塁からリゾーがセンター前へタイムリーヒットを放ち1-0とリードを奪う。
しかし、2回表にインディアンスはサンタナのソロホームランなどで2点を奪いすぐさま逆転に成功。続く3回にもリンドーアのタイムリーで1点を加え3-1とリードを2点に広げる。

6回にもチゼンホールの犠牲フライでインディアンスは1点を加え4-1と3点差にリードを拡げた。7回にはリンドーアがダメ押しとなる3ランホームランを放ち7-1と試合を決めた。
8回裏にカブスはファウラーがソロホームランを放ち1点を返すが時すでに遅し。7-2でインディアンスが勝利した。

対戦成績はインディアンスの3勝1敗となりワールドチャンピオンに王手をかけた。

【試合結果】
カブス2-7インディアンス

クリーブランド・インディアンス
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事