10月30日和歌山県営紀三井寺野球場で開催されている秋季近畿大会の準々決勝で大阪代表の履正社と奈良代表の高田商が対戦した。

履正社は竹田、高田商は古川の両先発で試合は開始された。
試合は1回裏、履正社の攻撃は二死三塁のチャンスで高田商のワイルドピッチの間に1点を先制。
履正社は4回裏に無死二三塁で5番筒井の犠飛、6番竹田の2ラン本塁打で3点を、8回には一死一塁から注目の打者3番安田の安打でチャンスを作ると、5番筒井6番竹田の連続タイムリーなどでさらに3点を追加して7-0としてコールドゲームで勝利した。

高田商は、履正社竹田の前に2安打と中々チャンスを作ることができず無念の敗戦となった。

勝利した履正社はベスト4へ進出し、滋賀学園と報徳学園の勝者と対戦する。
上宮太子が第一試合に負け大阪勢は履正社と大阪桐蔭がベスト4に入った為、履正社と大阪桐蔭の選抜出場は濃厚となった。

<試合結果>

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
高田商 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
履正社 1 0 0 3 0 0 0 × 7

こちらの記事に関連するタグ

koukousamp6
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事