兵庫ディオーネ、京都外大西を下し連覇へ前進 / 女子野球ジャパンカップ

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

兵庫県・ほっともっとフィールド神戸で行われた「第6回女子野球ジャパンカップ」大会3日目準々決勝第1試合、京都外大西高校vs兵庫ディオーネは4-0で兵庫ディオーネが勝利した。

兵庫ディオーネの先発は坂東。
初回、京都外大西高校は3番楢崎がプロ相手にセンター前ヒット、その後盗塁に成功し、2死2塁のチャンスを作るものの、後続が続かない。
3回にも2番三原亜美が右中間ツーベースヒットを放ち2死2,3塁のチャンスを作るが、ここも坂東が三振におさえる。

京都外大西高校の先発は北浦。
兵庫ディオーネは北浦に対して初回、2番三原がレフト線にツーベースヒットを放つなどで1死2,3塁のチャンスを作る。
ここでバッターは4番太田。ライトに犠牲フライを放ち、兵庫ディオーネが先制点を奪う。

その後前半は投手戦が続くが、中盤に試合が動く。
4回裏、兵庫ディオーネは5番寺部がセンター前ヒットを放つとすかさず盗塁。失策などの間に足を使って本塁に生還、2点目をあげる。
続くチャンスに9番中田がライト前タイムリーヒットを放ち、3-0とする。
中田は6回にも犠牲フライを放ち、4-0とリードをひろげ、兵庫ディオーネが終始試合を有利に進めた。
投げては6回から村田につなぎ完封リレーで準決勝進出。

京都外大西高校は何度かチャンスを作り、粘り強く攻撃するも、兵庫ディオーネバッテリーを打ち崩せず、悔しい敗戦となった。

【坂東 瑞紀 兵庫ディオーネ】

<5回3安打無失点の好投で勝利を呼び込んだ!>
久々の先発だったので緊張してしまい、立ち上がりは球が上ずってしまいました。でも「粘り強く最少失点で抑えていこう」と思って投げたのが良かったです。
京都外大西高校はすごくバッティングが良いチームというイメージがあったので、うまくかわしていこうと思っていました。良い結果になってよかったです。

試合結果

2016年10月30日(日
わかさ生活PRESENTS 第6回女子野球ジャパンカップ 大会3日目
準々決勝第2試合 京都外大西高校vs兵庫ディオーネ

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 R
京都外大西高校 0 0 0 0 0 0 0 0
兵庫ディオーネ 1 0 0 2 0 1 × 4

(外)北浦(6回)-野下
(兵)坂東(5回)、村田(2回)-寺部
【勝利投手】坂東瑞紀(1試合1勝0敗0セーブ)
【敗戦投手】北浦詩乃(1試合0勝1敗0セーブ)
【セーブ】村田詩歩(2試合0勝0敗1セーブ)

ハイライト動画

関連写真(画像をクリックすると拡大写真が表示されます。)

兵庫ディオーネ、京都外大西を下し連覇へ前進 / 女子野球ジャパンカップ
兵庫ディオーネ、京都外大西を下し連覇へ前進 / 女子野球ジャパンカップ

こちらの記事に関連するタグ

ジャパンカップ_兵庫ディオーネ20161030
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

女子野球に関する記事

お勧め記事

新着記事