京都フローラ、福知山成美に完封勝利 / 女子野球ジャパンカップ

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

兵庫県・ほっともっとフィールド神戸で行われた「第6回女子野球ジャパンカップ」大会3日目準々決勝第2試合、福知山成美高校vs京都フローラは6-0で京都フローラが勝利した。

京都フローラの先発はエース小西美加。
福知山成美高校は2回表、5番増井がセンター前ヒット、6番白石がライト前ヒット、その後タッチアップで2死1,3塁のチャンスを作るものの、得点をあげることができない。
3回表にも2本のヒットを放つものの、要所を小西美加におさえられ、チャンスを生かせない。

福知山成美高校の先発は阪口。
初回から京都フローラは阪口に対して1番橋本がセンター前ヒット、3番三浦伊織が左中間タイムリーツーベースヒットを放ち、いきなり先制点を入れる。
しかし阪口はここから好投を見せ、4回まで無得点に抑える。

試合が大きく動いたのは5回裏。
京都フローラは2死から3番三浦伊織が四球で出塁し、すかさず盗塁。5番中村がライト前ヒットを放ち、満塁のチャンスを作る。
ここで7番秋山のレフト前タイムリーヒット、8番早田のセンター前タイムリーヒットなどで一気に5点をあげ、試合を決定づける。

福知山成美高校は2番手黒長が登板し、7回を表を無失点におさえ最終回の攻撃にのぞみをつなぐ。
しかし、最後は小西美加が打たせて取る貫禄のピッチングで最終回を抑え、完封。

京都フローラが、明日の準決勝に駒を進めた。

【小西 美加 京都フローラ】

<7回を被安打6、無四球完封勝利を飾り準々決勝突破を決めた!>
準々決勝突破、素直にうれしいですし、投げていて気を抜けないバッターが多かったので、気合で負けないように意識しました。
課題はまだまだありますが、昨日は植村投手も無四球だったので自分も負けられないと思ってコントロールは意識して投げました。
明日も守りから流れを作って勝利を目指したいと思います。

試合結果

2016年10月30日(日)
わかさ生活PRESENTS 第6回女子野球ジャパンカップ 大会3日目
準々決勝第2試合 福知山成美高校vs京都フローラ

チーム名 1 2 3 4 5 6 R
福知山成美高校 0 0 0 0 0 0 0
京都フローラ 1 0 0 0 5 × 6

(福)阪口(4回2/3)、黒長(1回1/3)-増井、坪井
(京)小西美加(7回)-秋山
【勝利投手】小西美加(1試合1勝0敗0セーブ)
【敗戦投手】阪口佐弥佳(1試合0勝1敗0セーブ)

ハイライト動画

関連写真(画像をクリックすると拡大写真が表示されます。)

京都フローラ、福知山成美に完封勝利 / 女子野球ジャパンカップ
京都フローラ、福知山成美に完封勝利 / 女子野球ジャパンカップ

こちらの記事に関連するタグ

ジャパンカップ_京都フローラ20161030
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

女子野球に関する記事

お勧め記事

新着記事