埼玉アストライアが神村学園にコールド勝利 ベスト4が揃う / 女子野球ジャパンカップ

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

兵庫県・ほっともっとフィールド神戸で行われた「第6回女子野球ジャパンカップ」大会3日目準々決勝第4試合 埼玉アストライアvs神村学園高等部は15-1で埼玉アストライアが勝利した。

準々決勝の第4試合は、3年ぶり4回目のジャパンカップ出場の神村学園高等部と4年連続4回目の埼玉アストライアの対決となった。

神村学園高等部の先発は早崎。
初回にいきなり1死3塁のピンチを背負うものの、ダブルスチールを仕掛けるアストライアの攻撃を守備で守りきり、0点でスタート。

しかし埼玉アストライアは2回表に神村学園高等部に襲いかかる。
5番楢岡が死球で出塁し、6番山崎まりが送りバントを決めチャンスを作ると、7番加藤優がライト前タイムリーヒットを放ち、先制点をあげる。
さらに1番中野、2番佐藤、3番出口が3連続タイムリーを放ち、この回一挙5点の猛攻を見せる。

神村学園はその裏、5番今のセンター前ヒット、7番戎島のライト前ヒットで2死1,3塁のチャンスをつくると、8番金城がレフトオーバーの大飛球タイムリーツーベースヒットをはなち、神村学園高等部の先輩である宮原から1点をあげる。

しかし3回表に埼玉アストライアは打者一巡の猛攻でさらに5点の追加点。
4回にも再度打者一巡の猛攻で合計15点という大量点をあげる。
ここで大会規定により4回コールドゲームとなり、埼玉アストライアがこれで明日の準決勝、最後の椅子を手にした。
これで準決勝が全て出揃い、準決勝1戦目が神戸弘陵高校VS兵庫ディオーネというプロアマ対決、準決勝2戦目のカードは、京都フローラと埼玉アストライアのプロ同士の対決となった。
明日の試合は9時から同じくほっともっとフィールド神戸にて行われる。

【出口 彩香 埼玉アストライア】

<3安打5打点の大活躍で打線をけん引した!>
自分の中では5打点も打っている感覚はなく、「とにかく1打席1打席大事に行こう」という意識でした。
シーズンに苦しい、悔しい思いをした分一人ひとりがその気持ちをぶつけて打席に立っています。
プロの意地はもちろんありますが、高校生も力強いバッティングや走塁の面で見習う部分が沢山ありました。
相手がどこであれ、まずは自分たちの野球をしっかりやっていきます。

試合結果

2016年10月30日(日)
わかさ生活PRESENTS 第6回女子野球ジャパンカップ 大会3日目
準々決勝第3試合 埼玉アストライアvs神村学園高等部

チーム名 1 2 3 4 R
埼玉アストライア 0 5 5 5 15
神村学園高等部 0 1 0 0 0

(埼)宮原(3回)、谷山(1回)-今井
(神)早崎(3回0/3)、今井巴菜(1回)-金城
【勝利投手】宮原臣佳(1試合1勝0敗0セーブ)
【敗戦投手】早崎優菜(1試合0勝1敗0セーブ)

ハイライト動画

関連写真(画像をクリックすると拡大写真が表示されます。)

埼玉アストライアが神村学園にコールド勝利 ベスト4が揃う / 女子野球ジャパンカップ

こちらの記事に関連するタグ

ジャパンカップ_埼玉アストライア20161030
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

女子野球に関する記事

お勧め記事

新着記事