広島・黒田の「15」を永久欠番へ

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

今シーズン限りで引退を表明している黒田博樹(広島)の背番号15を永久欠番とする方向で調整していることがわかった。

黒田の15番が永久欠番になると広島の永久欠番は衣笠祥雄氏の3番、山本浩二氏の8番に次ぐ3人目となる。

黒田は1996年のドラフトで広島に逆指名で入団し2007年までプレー。その後、FA宣言をしMLBで7年間過ごし2015年に約20億円とも言われているオファーを断って古巣の広島へ戻ってきた。

今シーズンも先発ローテーションの一員として10勝を挙げ日米通算203章とし名球会入りを果たしていた。

正式に決まるのはもう少し時間を要するが決定すれば黒田も旧男子に大きな足跡を残す事になる。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事