大阪桐蔭・山本ダンテ武蔵はオコエ二世だ!【Players report】

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

オコエ瑠偉(楽天)が躍動しアドゥワ誠(広島5位)が力尽きた姿を見ても甲子園でハーフ選手を見ることは珍しくなくなった。そして来年の甲子園でもまた新たなハーフ選手が躍動する予感がする。その選手をご紹介しよう。

氏名:山本ダンテ武蔵(やまもとだんてむさし)
守備:外野手
投打:右投左打
所属:大阪桐蔭高校
出身:瀬戸内シニア

アメリカ人の父と日本人の母の間に生まれた山本はパワーとスピードを兼ね備えたまさにオコエ二世だ。

瀬戸内シニアから2015年に大阪桐蔭へ入学し1年時はメンバーに入ることなく2年秋になり公式戦デビューを飾った山本。デビュー戦となった大阪府の秋季大会では3打数3安打2打点と大活躍し上々のスタートを切った。その後もスタメン起用されておりライトのレギュラー確保。秋季大阪府大会、近畿大会と随所でタイムリーを放ち勝負強さも抜群だ。今後も3番ライトで起用されることが濃厚だ。1学年下の根尾昴が注目されているが山本も負けてはいられない。

西谷監督からも「オコエに負けるな」と発破をかけられているほど期待されている。

秋季近畿大会で大阪桐蔭がベスト4進出を果たしたともあり来春の選抜甲子園に出場するのは確実と見られる。
オコエのように甲子園で大活躍すれば2017年ドラフトの目玉は清宮幸太郎(早稲田実業)ではなく山本になるかもしれない。

▼関連動画

こちらの記事に関連するタグ

pr_山本ダンテ武蔵
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事