楽天はスタジアムの名称を「Koboパーク宮城」へ

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

楽天の本拠地である「楽天Koboスタジアム宮城」の名称が来シーズンから「Koboパーク宮城」へ変更されることがわかった。

宮城県と楽天野球団の親会社である楽天が協議をし2017年からの3年間ネーミングライツの権利を更新し改めて名称を変更する運びとなった。

楽天はボールパーク化計画を進めておりレフトスタンド後方に観覧車、メリーゴーランドを作るなど家族連れや小さな子供でも楽しめるスタジアムづくりを行ってきた。それをスタジアムの名称にも反映させた形だ。

正式にスタジアムの名称が変更となるのは2017年1月1日からとなっており期間は3年間で2019年12月31日までとなっている。

パ・リーグはQVCマリンフィールドの名称も来シーズン変更することになっておりこれで2球場の名前が生まれ変わることになる。

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

パ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事