10月31日下関球場(山口)で開催されている秋季中国大会の準々決勝第2試合、岡山代表の創志学園と関西が対戦した。

創志学園は難波、関西は物部の両先発で試合は開始された。

関西からの攻撃で始まった1回表。先頭打者の田中が初球から左中間二塁打を放ち2死3塁のチャンスがくるも無得点で終える。その回裏、創志学園も初回からヒットを放ち攻撃を仕掛けるも相手守備のダブルプレーで得点ならず。

2回裏1死2塁から7番井上の右前適時打で創志学園が1点を先制する。
追う立場となった関西は3回表、1死2,3塁から2番日吉が二ゴロで関西がすぐさま同点に追いつく。しかし、4回裏に1安打2四球とリズムを崩し、1死満塁のピンチを迎える。創志学園はこの回一気に攻撃を仕掛け、7番井上、8番西林、1番山本、2番木村のヒットが続き一挙6点を奪う。

関西は6、7回と2点を返すも、創始学園も6、7回に1点ずつ返し6点リードのまま試合終了し創始学園が勝利した。

同県対決となった準々決勝、昨年優勝の創始学園が連覇に向けて準決勝へ進出する。
準決勝の相手は、同じく同県対決を制した宇部鴻城と11月5日に対戦する予定だ。

<試合結果>

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
関西(岡山) 0 0 1 0 0 1 1 0 0 3
創志学園(岡山) 0 1 0 6 0 1 1 0 × 9

こちらの記事に関連するタグ

nextfield
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事