10月31日ユーピーアールスタジアム(山口)で開催されている秋季中国大会の準々決勝第2試合、広島代表の市立呉と広島新庄が対戦した。

市立呉は池田、広島新庄は有村の両先発で試合は開始された。

1回表広島新庄からの攻撃。先頭打者の開原が中前打を放ち、2番神宅のバントで1死2塁。続く3番川内が犠打で2死3塁と4番古川に繋ぐも無得点で終える。
対する市立呉は1回裏に2番奥田が右前打、3番近藤が二塁打を放ち1点を先制する。

2回表追う立場の広島新庄は2死2塁から8番沖正が同点弾を放ち、9番有村が中前適時打で2死1、2塁と逆転のチャンス。しかし、攻撃はここまで。

6回裏市立呉は1死3塁から3番近藤が犠打で1点を勝ち越し、7回裏には1死2塁から7番西岡の右中間適時打で3-1と2点リード。
広島新庄は8回表に2死満塁から6番高野の右前適時打で2者生還し同点に追いつくも、その回裏に2死3塁から4番新田が右越適時三塁打、続く5番柏尾の右前適時打で市立呉が再び2点リード。最終回は広島新庄の攻撃を抑えて市立呉が勝利した。

同県対決となった準々決勝。広島県予選会では広島新庄に15-3と大敗を喫したが、今大会でリベンジを果たし準決勝へ進出した。

準決勝は米子松蔭に3-0で勝利した鳥取城北(2連続17回目)と対戦する。

<試合結果>

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
広島新庄 0 1 0 0 0 0 0 2 0 3
市立呉 1 0 0 0 0 0 1 2 × 5

こちらの記事に関連するタグ

nextfield
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事